前歴とは

前歴とは過去3年以内に受けた免許停止処分などの行政処分の回数のことをいいます。
日本の運転免許制度では、交通違反を起こすと、違反内容ごとに定められた点数が加算され、その累積点数が一定の基準に達すると、免許停止処分や免許取消処分といった行政処分の対象となる仕組みになっています。
そうした行政処分の対象となる累積点数の基準については、過去3年以内に受けた行政処分の回数によってそれぞれ定められており、過去3年以内に一度も行政処分を受けたことがない場合では、累積点数が6点に達すると30日間の免許停止処分となるのに対し、過去3年以内に3回の行政処分を受けている場合では、累積点数が2点に達した時点で120日間の免許停止処分となり、4点に達すると免許取消処分となります。
なお、この行政処分の回数についての有効期限は、原則として3年となっていますが、特例として、免許停止処分などの行政処分期間が終了した翌日から起算して、1年間無事故・無違反の状態を継続すると、過去3年以内の行政処分歴についてはリセットできる仕組みとなっています。
なお、この特例については累積点数についても同様の制度が設けられており、1年間無事故・無違反の場合には、累積点数についてもリセットすることが可能となっています。

Comments are closed.