累積取り消しになっても取り消しにならない事も

現在では運転免許を取得して自動車を運転している方には、交通ルールというものが設定されていて、違反点数が累積分を含んで15点に達してしまった方の場合では、運転免許が取り消し処分になってしまうことが決められています。例えば酒酔い運転などをしてしまった場合には、それだけで免許取り消し処分になり、軽微な酒気帯び運転であっても、同時に時速25キロメートル以上のスピード違反をしてしまった場合でも即座に免許取り消しになります。しかし、中には累積取り消しになったとしても、取り消し処分にならないケースも存在しています。各都道府県や担当する警察署などによっても判断が異なる傾向にあり、明確化されていない部分もあるのですが、例えば軽微な違反として、座席ベルト装着義務違反や無灯火などを何度か繰り返し、後に時速50キロメートルを超えるスピード違反をしてしまった場合では、累積によって取り消しになることが一般的ですが、その手続きの段階では意見の聴取が行われることになります。その内容によっては聴聞官の判断によって、取り消しではなく一定期間の免許停止処分に緩和されるという事例も起こっています。運転者の過去の前歴なども考慮される傾向にありますので、常に安全運転を心掛けることが何よりです。

Comments are closed.