累積点数とは

自動車運転免許を所持していながら、行政処分である運転免許証への違反点数に関し 正確に把握されている方は少ないものです。

その大きな勘違いのひとつが、累積点数と言う考え方も知れません。 運転免許を取得し車の運転を始めた際には、多くの方が 何故かしら持ち点15点と言うイメージを持ってしまうものです。 違反の度にその点数は引き算されて行き、6点目には 怖い免停が待っている と言ったイメージです。

しかしながら、世の中に無免許運転で事故を起こすケースもありますし、逃走過程で信号無視やスピード違反を何回も犯す事件もあり、これら犯した交通違反を加算した場合、15点を上回ればマイナスとなってしまいます。

すなわち、累積 と言う文字が意味しているように、あくまでも 交通違反による違反点数は加算されるものであり、一年間無事故無違反を続けるなら、その加算された点数を全て無いものとする とすなわち加算された点数を全て引いしまう と ものでもあるのです。

この部分を 深く考えるなら、多くの方が 一年間の無事故無違反に向けて一層の安全運転を心掛ける所ですが、こうした行政側の意に反し、安易な違反を繰り返す人が多く、免停を何度も受けた上、免許取り消し処分と言う人も後を絶たないのが現実です。

Comments are closed.