累積点数が減る?

「交通違反をして、警察に見つかって免許が減点になったよ。」というような会話を聞いたことがあると思います。 免許を取ることで一定の点数がもらえ、違反によってそれが減っていくという一見わかりやすい説明なのですが、 実は交通違反によって点数が減るわけではないのです。

逆に違反によって点数は加算されているのです。 ですから、ゴールド免許の保有者は決して100点満点で100点というわけではなく、0点なのです。 また違反歴がある人も「-2点」という人は存在しないのです。

では、免許を取ってから免許を返上するまでの期間、ずっと累積されていくかというと決してそうではありません。 原則過去3年の違反による点数を計算するのです。 つまり、大きな違反を過去にしてしまったからといって生涯ゴールド免許を持てないということにはなりません。

ゴールド免許を保有していると自動車の任意保険において大きな割引をしてもらえることは周知の通りです。 つまり、過去にスピード違反で免許停止になろうが、免許取り消しになろうが、 心を入れ替えて安全運転に努め、3年間無事故無違反でいれば累積された違反点数は再び0点に戻す事ができますし、 ゴールド免許を保有することもできるわけです。

Comments are closed.