不服申し立てで不起訴になる事も

自動車を運転していると、数多くの項目の交通ルールを守ることが必要とされています。もしも違反をしてしまった場合では、警察によって青切符や赤切符を切られてしまうことになり、反則金や罰金などを支払う義務が生じてしまいます。さらに違反した内容によって決められている違反点数というものも加算されてしまうことになり、場合によっては免許停止処分や免許取り消し処分とされてしまうこともあります。しかし、警察の取り締まりに関しても、その殆どが人間による目視で行われることになるために、時には間違いということも少なからず発生しています。その場合では不服申立てを行うことが必要になり、場合によっては不起訴処分となることもあります。例えば信号無視などについては、交差点内に青信号で通過した後に、前方が渋滞してしまっていることによって、渡り切れない状態に陥ってしまうこともあります。このケースでは、青信号で交差点に入っているために違反とはなりませんが、時には信号無視として違反と判定されることもあります。現在ではドライブレコーダーなども普及しているために、不服を申立てする場合では、決定的な証拠を持っていることが重要になり、映像で記録していることは不起訴処分になる可能性が高くなります。

Comments are closed.