Archive for the ‘未分類’ Category

不服申し立てで不起訴になる事も

自動車を運転していると、数多くの項目の交通ルールを守ることが必要とされています。もしも違反をしてしまった場合では、警察によって青切符や赤切符を切られてしまうことになり、反則金や罰金などを支払う義務が生じてしまいます。さらに違反した内容によって決められている違反点数というものも加算されてしまうことになり、場合によっては免許停止処分や免許取り消し処分とされてしまうこともあります。しかし、警察の取り締まりに関しても、その殆どが人間による目視で行われることになるために、時には間違いということも少なからず発生しています。その場合では不服申立てを行うことが必要になり、場合によっては不起訴処分となることもあります。例えば信号無視などについては、交差点内に青信号で通過した後に、前方が渋滞してしまっていることによって、渡り切れない状態に陥ってしまうこともあります。このケースでは、青信号で交差点に入っているために違反とはなりませんが、時には信号無視として違反と判定されることもあります。現在ではドライブレコーダーなども普及しているために、不服を申立てする場合では、決定的な証拠を持っていることが重要になり、映像で記録していることは不起訴処分になる可能性が高くなります。

累積取り消しになっても取り消しにならない事も

現在では運転免許を取得して自動車を運転している方には、交通ルールというものが設定されていて、違反点数が累積分を含んで15点に達してしまった方の場合では、運転免許が取り消し処分になってしまうことが決められています。例えば酒酔い運転などをしてしまった場合には、それだけで免許取り消し処分になり、軽微な酒気帯び運転であっても、同時に時速25キロメートル以上のスピード違反をしてしまった場合でも即座に免許取り消しになります。しかし、中には累積取り消しになったとしても、取り消し処分にならないケースも存在しています。各都道府県や担当する警察署などによっても判断が異なる傾向にあり、明確化されていない部分もあるのですが、例えば軽微な違反として、座席ベルト装着義務違反や無灯火などを何度か繰り返し、後に時速50キロメートルを超えるスピード違反をしてしまった場合では、累積によって取り消しになることが一般的ですが、その手続きの段階では意見の聴取が行われることになります。その内容によっては聴聞官の判断によって、取り消しではなく一定期間の免許停止処分に緩和されるという事例も起こっています。運転者の過去の前歴なども考慮される傾向にありますので、常に安全運転を心掛けることが何よりです。

交通違反に関する豆知識

交通違反をする事は重大な事故にも繋がりますし、違反の内容によっては、罰金、罰則などの処置が下されます。注意する事が必要でしょう。罰則の重さ的には、自動車での違反の方が圧倒的に重いですし、重大な事故にも繋がりやすいので、警察等がパトロールを行い、事故が起こる前に防ごうとしているのです。自動車に乗っていて起こしやすい違反が、シートベルトの未着用です。これを警察に見付かった場合、罰則として点数が付きます。一定の点数が貯まってしまうと、免許停止等の処分が下されますので、注意が必要です。また、この様な罰則をすると、免許センターでの講習が再度行われますので、講習を受けて再度ルールに関しての認識を改めて下さい。同じ様に、運転中の携帯電話での通話も禁止されています。他にも、スピード違反が挙げられます。スピード違反は、一般道と高速道路問わず、センサーがあり、スピード違反をするとセンサーが反応して、自動的に写真が撮られ、警察に連絡が届きます。重大な罰則ですので、罰金も課されます。このセンサーがある道路には、自動取締区間という看板が出ていますので、気付いたらスピードに注意しましょう。この様に、違反にも種類があり、罰則が課されますので、注意する様にしましょう。

前歴とは

前歴とは過去3年以内に受けた免許停止処分などの行政処分の回数のことをいいます。
日本の運転免許制度では、交通違反を起こすと、違反内容ごとに定められた点数が加算され、その累積点数が一定の基準に達すると、免許停止処分や免許取消処分といった行政処分の対象となる仕組みになっています。
そうした行政処分の対象となる累積点数の基準については、過去3年以内に受けた行政処分の回数によってそれぞれ定められており、過去3年以内に一度も行政処分を受けたことがない場合では、累積点数が6点に達すると30日間の免許停止処分となるのに対し、過去3年以内に3回の行政処分を受けている場合では、累積点数が2点に達した時点で120日間の免許停止処分となり、4点に達すると免許取消処分となります。
なお、この行政処分の回数についての有効期限は、原則として3年となっていますが、特例として、免許停止処分などの行政処分期間が終了した翌日から起算して、1年間無事故・無違反の状態を継続すると、過去3年以内の行政処分歴についてはリセットできる仕組みとなっています。
なお、この特例については累積点数についても同様の制度が設けられており、1年間無事故・無違反の場合には、累積点数についてもリセットすることが可能となっています。

自分の累積点数を知るには

無事故無違反という方は特に気にする必要のない事ですが、何らかの違反をしてしまい点数が加算されてしまい、いつその点数が消えるのか気になる場合や、違反を重ねてしまい現在の点数がいくつか知りたいという方は所定の方法をとる事で現在の点数を調べる事が可能です。

ゴールド免許は無事故無違反なので別になりますが、過去5年間に違反をした事のある青色の運転免許証で違反した場合、加算された点数は3年経過する事で0点へと戻るようになっています。仮にこの3年の間に違反してしまった場合、2年以内であればさらに加算となり、2年以上無違反であれば軽い違反に限り約3ヵ月で加算されたポイントは消滅します。

基本的に常に安全運転を心がけるのが普通ですが、点数が加算されている間は特に安全運転を心がけなければいけません。しかし違反日を常に覚えているという方は多くなく、漠然といつくらいという方が大半であり、気の緩みから違反をしてしまいさらに加算という事も考えられます。

そうならない為にも心配な方は自身の点数を把握する必要があります。自分の点数を知るための書類は「運転記録証明書」「累積点数等証明書」の2種類あり、どちらも自動車安全運転センター・警察署・交番で申請のための書類をもらって記入する必要があります。また、手数料も必要で630円かかります。

記入が終わったら自動車安全運転センターの受付窓口か、郵便局から郵送する事で後日、受付でもらうか郵送で送られてくるという仕組みです。即日知るという事はできませんが、点数の確認はこれ以外ありません。

累積点数がどれくらいになったら免停・取り消し?

日本においては、自動車運転中に交通違反を犯すと、点数と言うものが加算されます。この点数は累積方式であり、ある点数がたまると、免許停止処分などの行政処分を受けることになります。それでは、どの位の点数がたまると行政処分が下されるのかと言いますと、基本的には、過去3年間のうちに免許停止処分が一度もないと言う人の場合であれば、累積点数が6点以上になると免許停止処分、いわゆる免停となります。そうして、累積点数が15点以上で免許取り消し処分となります。なお、これは基本的な事例であって、累積点数と免許停止等といった行政処分の関係は、免許停止処分を受けた回数によっても違います。もしも、3年間のうちに免許停止処分を4回以上受けてしまうと、次に交通違反を犯したときに、2点の点数で再び免許停止処分になりますし、4点で免許取り消し処分となってしまいます。そのため、軽微な違反とされる3点以下の交通違反を繰り返していると、直ぐに免許停止になってしまう状態となります。また、重度の違反であれば、免許停止処分を受けたことのない人でも、一回の違反で免許取り消しの処分を受けることになります。どの様な違反かと言いますと、例えば酒酔い運転では35点ですから、一回の違反で直ぐに免許取り消しの処分を受けることになります。

累積点数が減る?

「交通違反をして、警察に見つかって免許が減点になったよ。」というような会話を聞いたことがあると思います。 免許を取ることで一定の点数がもらえ、違反によってそれが減っていくという一見わかりやすい説明なのですが、 実は交通違反によって点数が減るわけではないのです。

逆に違反によって点数は加算されているのです。 ですから、ゴールド免許の保有者は決して100点満点で100点というわけではなく、0点なのです。 また違反歴がある人も「-2点」という人は存在しないのです。

では、免許を取ってから免許を返上するまでの期間、ずっと累積されていくかというと決してそうではありません。 原則過去3年の違反による点数を計算するのです。 つまり、大きな違反を過去にしてしまったからといって生涯ゴールド免許を持てないということにはなりません。

ゴールド免許を保有していると自動車の任意保険において大きな割引をしてもらえることは周知の通りです。 つまり、過去にスピード違反で免許停止になろうが、免許取り消しになろうが、 心を入れ替えて安全運転に努め、3年間無事故無違反でいれば累積された違反点数は再び0点に戻す事ができますし、 ゴールド免許を保有することもできるわけです。

累積点数とは

自動車運転免許を所持していながら、行政処分である運転免許証への違反点数に関し 正確に把握されている方は少ないものです。

その大きな勘違いのひとつが、累積点数と言う考え方も知れません。 運転免許を取得し車の運転を始めた際には、多くの方が 何故かしら持ち点15点と言うイメージを持ってしまうものです。 違反の度にその点数は引き算されて行き、6点目には 怖い免停が待っている と言ったイメージです。

しかしながら、世の中に無免許運転で事故を起こすケースもありますし、逃走過程で信号無視やスピード違反を何回も犯す事件もあり、これら犯した交通違反を加算した場合、15点を上回ればマイナスとなってしまいます。

すなわち、累積 と言う文字が意味しているように、あくまでも 交通違反による違反点数は加算されるものであり、一年間無事故無違反を続けるなら、その加算された点数を全て無いものとする とすなわち加算された点数を全て引いしまう と ものでもあるのです。

この部分を 深く考えるなら、多くの方が 一年間の無事故無違反に向けて一層の安全運転を心掛ける所ですが、こうした行政側の意に反し、安易な違反を繰り返す人が多く、免停を何度も受けた上、免許取り消し処分と言う人も後を絶たないのが現実です。

累積点数について

運転中に交通ルールを守らずに走り続けることは、結果的に交通事故を起こすことにつながりますが、それと同時に道路交通法違反を犯してしまうことにもなります。そしてこれが警察官やその委託を受ける特定の業者などにわかると道路交通法に違反したとして、あなたの運転免許に違反点が加算されていくことになります。さらにほとんどの場合は違反の点数が加算されると同時に罰金も課せられますので、交通ルールを破るメリットは何一つありません。罰金に関しては一定期間の間に納めることで、終わりますが違反店はそのまま一定期間記録として残ります。これを累積点数といいます。
この点数がトータルで15点を超えると免許の取り消しとなりますが、それよりも前の段階で累積した点数に応じてペナルティがあります。まず、累積した点数が6点から8点の間になった時点で、30日間の免許停止となります。さらに累積した点数が9点から11点となった場合、60日の免許停止、12点から14点の場合は90日間の免許停止となります。これらの停止期間は、実は免許停止の処分を受けた時点で免停講習を受けるかどうかを聞かれるので、講習を受けることにすると、それぞれの停止期間の半分で済みますので、ぜひ受けるようにしましょう。