相続税の計算方法と税額が免除される場合

親などの被相続人の死亡によって遺産を相続した場合は相続税が課税されます。ただし、相続財産すべてに対して課されるわけではなく、基礎控除を引いた金額が課税対象になります。そして税制改正により、平成27年からは基礎控除が減額されます。

従来、相続税における基礎控除は「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」となっていましたが、改正後は「3,000万円+600万円×法定相続人数」になります。なお、税率も変更され、課税遺産額が1億円を超えた場合に税率と控除額が細分化されました。

基礎控除の計算例として、相続人が妻と子ども2人の3人であった場合、平成27年からは3,000万円+600万円×3人の式になり、4,800万円までが課税対象外となります。今までは8,000万円まで控除されていました。

仮に、被相続人の遺産が2億円で相続人が妻と子ども2人の3人であった場合は、2億円から4,800万円を引いた1億5,200万円が課税対象額になります。そして、法定相続によって妻が2分の1の7,600万円、子ども2人が3,800万円ずつ相続したとします。

この場合、妻は法定相続分内の相続であれば税額免除されるので相続税は掛かりません。一方、3,800万円に対する税率は20%で、控除額が200万円なので、計算式は3,800万円×20%-200万円となり、子どもはそれぞれ560万円ずつ相続税を納めます。